カテゴリー別アーカイブ: ヨガ・ヨガクラス関連

四つん這いからダウンドッグをするときに:フェルデンクラス的にアプローチする

昔からダウンドッグのときに胸が落ちてしまうのをよく注意されました。それがやる前の姿勢や、動くときの腕の力の入れ方などに注意しながらやっていたら、それがなくなりました。胸に意識をしているときはうまく出来ず、他のところに注意をしたら自然に胸の位置が変わりました。胸が落ちていたのは、肩甲骨、腕、脊柱や肋骨との関係でそうなっていたのです。

完成されたポーズを直されると、その位置にくればよいことはわかるのですが、動き方を変えずにその位置に行くことは難しい。なぜなら、動きにその人の癖が深く関わっていて、それがポーズの邪魔をするからです。

よくある動きのパターンを例に、四つん這いからダウンドッグをする動画を撮ってみました。

 

その1:この動画の中では一番楽に動いています。体の伸び方が他と違います。腕も楽です。

その2:腕に力を入れて持ち上げているので、腕や肩、肩甲骨周りに力が入っています。腕がつらくなってきます。

その3:最初から体が落ちていて、完成ポーズもその形のままです。胴体がぶらさがっていて体が伸びにくい状態です。

その4:動き始めに体の真ん中くらい(お腹の上部)に力を入れています。体が丸くなるので重さが腕にかかりきつくなってきます。

その5:動き始めにおへその辺りに力を入れています。4と同じで腕がきつくなります。

最後のポーズは見た目では少し違いがわかりにくいかもしれません。けれども、自分の感覚としては動き方によって感じる腕の重さやからだの伸びは全然違います。その2からその5のような動きは、前述したようにその人の姿勢や動きの癖が大きく関係しています。その癖は無意識に行なわれるので、ほとんどの場合やっている本人は指摘されるまで認識していません。

「ハタヨガの真髄 600の写真による実技辞典」 B.K.S.アイアンガー著 沖正弘監訳には、ダウンドッグ(アドー・ムカ・シュワーナアサナ)の効果として下記のように記載されています。(P124より引用)

“疲労したときにこのポーズを行なえば、疲れがとれ、心身に生気がよみがえる。(中略) 肩胛骨周辺のこりをやわらげるのに効果があり、肩の関節炎を治す。腹部の筋肉を締め、強める。横隔膜が引き上げられるので、心臓の鼓動もととのう。気分を爽快にするポーズである。(以下略)”

けれども、動画の2~5の例のように余計な力が入っていると、完成したときに力みで短くなった部分はそのままです。肩胛骨周辺のコリはとれず、腹部の筋肉は適切に使うことができず、腕は重くなり、気分はなかなか爽快になりません。

無駄な力が入っていない方が、より床を押すことができ、より伸びることが出来ます。無意識の力は最初から入ります。自分が何をしているのかを探るために、丁寧に注意深く動きはじめの部分だけをやるのも一つの方法です。ぜひお試しください。

 

木揚場教会ヨガクラスのIkukoさんのご感想

ヨガクラスのフライヤーを作るにあたり、Ikukoさんにもご感想をお願いしました。

Ikukoさんは火曜日クラスに数年ご参加されていましたが、
昨年東京へ居を移すことになりました。
現在はご自宅の近くでヨガクラスに行かれているようですが、
新しいところを探しているという話です。

フライヤーに掲載したのは以下の文章です。

自分の普段の体の動かし方、使い方に気づかせてくれる先生のヨガ。
ちょっとした一言で、ずっと楽な動きができて、いつも驚きます。
体にしっかり意識を向けさせてくれるのがいいです!
的確なアドバイスやお手本もわかりやすく、安心してついていけます。

ご感想のメールの後でいただいた内容をご本人の了解の上で、
こちらに掲載させていただきます。

やぎ先生のヨガのよさがどうやったら伝わるかなあと悩みましたが、
みなさんが書いてたことに、わかるわかるという感じで、
やっぱり同じような感想になりました。

東京のヨガは、アロマに音楽に気分はヨガを味わえるけれど、
ただ体を動かしてるだけ、という感じで、つまらないので他をさがし中です。

といってもやぎ先生のようなヨガはないと思いますが・・・
気づいたんですが、東京のヨガはストレッチや筋トレの毎回毎回違う新しいポーズなのに、
ポーズで精一杯なせいか、あきるのです。

先生のヨガは毎回同じ流れがありますが、
体に集中できて、逆に新しい発見があって、あきません。

ほかを経験してみて、先生のヨガの特別なよさを実感しましたが、
言葉にするのはむずかしいですね。

Ikukoさん、どうもありがとうございました。

国営越後丘陵公園で里山ヨガ!

長岡市の国営越後丘陵公園の自然の中でヨガをしませんか?

昨年も同じ会場で開催しましたが、緑に囲まれたとても気持ちのよい空間です。ヨガの後や前に近くを散策することも可能です。

越後丘陵公園は入り口が2つあります。香りのバラ祭りなど開催している健康ゾーンは公園口から入り、今回の会場でもある里山フィールドミュージアムのエリアは里山口から入るとすぐです。

公園内は広いので、園内はバスも走っています。

申込は越後公園管理センター(℡0258-47-8001)にお願いします。

日時:第1回 4月25日(土)
第2回 5月23日(土)
第3回 6月27日(土)
15:00~16:30
場所:里山交流館えちごにあん
料金:1,500円/回(他に入場料と駐車料金が必要です)
定員:各回20名(事前申込)
※最少実施人数6名

申込先:越後公園管理センター(℡0258-47-8001)

国営越後丘陵公園

パークフィットネスで健康づくり

ヨガクラスにて  最近の出来事

最近のヨガクラスは自分がどうやって立っているのかということに、
時間を割いたりしています。
どのポーズをするにも、
どの状態から動き始めるか、
どこから動き始めるかで、
到達できるポーズは変わります。
同じからだなのに違います。
そして多くの人は自分の立ち方をクリアに感じていません。
自分のイメージと周りからみた姿勢とのギャップにほとんどの人が驚きます。
ヨガクラスの生徒さんのKさんが、
今週のクラスのときにこんなことをおっしゃいました。
「最近は、普通は重い荷物を持たなくていいのだと、
自分に言い聞かせるようにしていたら、
ヘルパーさんに最近姿勢がよくなったと言われました!」
肩周りに必要以上に力が入りがちになるKさんが、
自分が力を入れていることに気がつくことができるようになったのだと思います。
とても素敵なことです!
私もかなりうれしいです。
私のヨガクラスにこられて数ヶ月のIさんは
立位前屈で手が床に届かない状態だったのですが、
数週間前のクラスで、
どこから曲げるのか、そのイメージを変えただけで、
指先が床に触りました。
ご本人が一番びっくりされていました。
手は届かないと思っていた自分のからだが、
どこから動き始めるか、その意識を変えただけで指が触った事実に、
「こんなことで・・・」とおっしゃっていました。
案外「こんなこと」の中に、
その人の動きを変えるものが潜んでいたりするものだと思うのです。

里山×ヨガ at 国営越後丘陵公園 里山フィールドミュージアム

もうすぐ開催なのですが、
NPO法人 越の里山倶楽部さんからのお誘いで、
長岡市の国営越後丘陵公園 里山フィールドミュージアムで
ヨガと里山散歩のコラボ講座を開きます。
越の里山倶楽部さんは国営越後丘陵公園里山フィールドミュージアムで
定期的にガイドや体験イベントを開催しています。
4月~6月の里山の新鮮な空気の中で、
カタクリをみたり、新緑に包まれたり、
里山散歩をしながら、
ヨガでからだを解放しましょう!
国営越後丘陵公園は長岡に実家がある私は香りのバラ祭りとか、
何回か行ったことがあります。
けれども今回の会場である里山フィールドミュージアムは
いつも行っている場所ではありません。
同じ国営公園内なのですが、
ずいぶん雰囲気が違います。(注:入り口も違います!)
都市の公園では味わえない山の魅力を味わえて、
かつ安心して散策できることが
国営越後丘陵公園里山フィールドミュージアムの魅力だと思います。
昨年に初めてこちらにお邪魔したのですが、
ゆっくり歩くだけでも気持ちよさそうでした。
お申し込み、お問い合わせは下記越の里山倶楽部さんへお願いします。
第1回 4月14日(月)9:30~12:30 ヨガ & カタクリ観察
    カタクリの群落、すごいらしいです!!私も楽しみです!
第2回 5月12日(月)9:30~12:30 ヨガ & 新緑散歩
第3回 6月9日(月)9:30~12:30 ヨガ & よもぎつみ
会 場: 国営越後丘陵公園 里山フィールドミュージアム
対 象: 一般大人
定 員: 各回20名
参加費: 3回分 4,000 円  1回の場合は1500 円
    ※公園入園料・駐車料別途要
持ち物: バスタオル 又は ヨガマット
    里山散歩ができる動きやすい服装・(雨天の場合は雨具・長靴)
お申込・お問合せ:NPO法人 越の里山倶楽部 
        〒940-2042長岡市宮本町1丁目468-1
        TEL&FAX 0258-47-8050
        携帯電話 080‐5477‐5431
        email:satoyamaclub☆rhythm.ocn.ne.jp(☆を@にしてください)
主催:国土交通省国営越後丘陵公園事務所
共催:NPO法人越の里山倶楽部&からだレッスンmove

植田アキコ先生のshadow yoga 集中講座@神戸&東京のご案内

パリ在住のshadow yogaの認定講師である植田アキコ先生の集中講座が、
この夏に神戸と東京で開催されます。
シャドウヨガのクラスをきちんと日本で受けられる貴重な機会です。
ご興味ある人はぜひご参加ください!!
以下アキコ先生からのinfoの抜粋です。
内容の詳細は下記アキコ先生のサイトをご覧下さい。
http://yogadojo.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html

○Shadow yoga週末ワーク・ショップ@東京
日時:7月27日(土)8-11:45am
   7月28日(日)8-10:15am / 15: 30- 17 :45pm
   *スタジオのドア・オープンは、レッスン時間の15分前です。
会場:燕STUDIO(ツバメ・スタジオ):新宿区市谷本村町2-33 市ヶ谷駅・四ツ谷駅より徒歩8分
   http://www.yogaroom.jp/tsubame/access.html
授業料:15,000円 / *早割り金額7月1日迄:14,000円 
    土曜日のみ参加  8,000円 
    内容は日々深まりますので、初日からの参加をお勧めします。
    
○フランス発 Shadow Yoga 1day 基礎 ワークショップ
日時: 8 月11 日(日)
10 時-12 時   : 基礎的の練習、立ち方、呼吸、手足の使い方。 
14 時-16 時30 分: 午前の応用 プレリュード:バラクラマ   
会場:健康道場 サラ・シャンティ http://www.npo.co.jp/santi
受講料:1クラス4,000 円 / 2クラス 7,000 円
* ( 7/10 迄お振込終了早割り: 6,000 円) 
*内容が深まっていくため1本のみ参加の方は午前の部にお願いします。 
○Shadow yoga 集中リトリート 神戸六甲山YMCA
神戸六甲の山の緑に囲まれて Shadow yoga を浸透させる2泊3日
集合:8月16日(金)13pm- 解散:8月18日(日)16pm
この3日間では、古典ハタ・ヨガのシャドウ・ヨガの基礎に集中し1番目のプレリュード(準備導入の型):バラクラマ(強さへ踏み込む)動きをたたき土台に、ヨガ的解剖学とともに、理解を深めていきます。
プログラムは、ヨガの実習、ヨガ解剖学やテオリーを含むレクチャーも含めて8クラス。独自で、お稽古してゆける基礎をしっかり身につけて頂きます。また、日頃の自主練や体のメンテナンスなど、どのように取り組んでいくかについて参加者の皆さんとオープンにデスカッションもしたいと予定しています。汗とともに日頃の心と身体の澱を解放し心新たに生まれ変わる再生の週末です。
場所  : 神戸六甲山YMCA   http://www.osakaymca.jp/rokko/
〒657-0101兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲875 TEL:078-891-0050
アクセス:http://www.osakaymca.jp/rokko/access/
費用:授業料・宿泊費・食費(6食付き)53,000円 *早割7月10迄のお振込終了:50、000円
※リトリートに関しては早めにお申込みをお願いします。最低施行人数があるようなので、もしも人数が集まらない場合は、キャンセルになる可能性もあるとのことです。
上記ワークショップ及びリトリートのお申し込み窓口:
YOGA DOJO(植田宛)info★yogadojo.net(★を@に変えてください)
必ず、お名前、携帯電話番号、メールアドレス、をご記入の上お申し込みください。
詳細はすぐに返信させて頂きます。

うれしい言葉

私のヨガクラスに通いもうすぐ2年になるKさんは、
その前に他のヨガクラスに通っていられました。
その教室でヨガを気に入って続けていられたのですが、
クラスの曜日変更があり、
Kさんのご都合の悪い時間になってしまいました。
それでインターネットで
ご自分の都合のよい曜日時間の教室を探し、
私のクラスがちょうどよい時間だったららしく、
来てくださるようになりました。
前の教室はカルチャーセンターの教室でした。
最初に私のクラスにいらっしゃったときは、
前のクラスと全然違って、大変驚かれたそうです。
また自分はついていけるのかしら?とも思ったそうです。
だけどお続けになり、あっという間にもうすぐ2年になります。
最近たまたまこんなことを言われました。
「前のクラスは心地よい音楽が流れていて、
周りがヨガヨガしていて、
そのヨガの雰囲気に自分が入っていて、
リラックスできるし、
気持ちいいわ~という感じでした。
だけど先生のクラスは全然違っていて、
周りじゃなくて、
自分がヨガをしている気がするの!
ほら、いつも自分のからだを観察しなさいとか、
違いはどうですか?とかおっしゃるでしょう。
そこが前の教室と一番違うところだと思います。」
私にとってはうれしい言葉でした。
私のクラスではBGMもお香もありません。
シンプルに自分と向き合う時間であってほしいと思います。
Kさんにとって前のクラスも楽しかったし、
今の私のクラスも面白いことがあるようです。
Kさんは前よりも長く立つのが楽になったとおっしゃっています。
ヨガクラスへのご参加者も募集中です!!!

ヨガの初心者クラスを始めます!参加者募集!

7月から金曜日の夕方19:00~20:15の枠で、
ヨガの初心者クラスを始めます。
会場は木揚場教会です。
現在継続しているヨガクラスは、
シャドウヨガというスタイルを中心に練習をしておりますが、
このスタイルは簡単なものではありませんので、
体験の方が私のクラスにご参加される場合、
自分にはできなさそう、難しそうと思われる人も多く、
あきらめてしまう方が少なからずいらっしゃいました。
シャドウヨガのプレリュードというシークエンスは、
先生曰く、初心者はこれを何年か練習しなさいというものなのですが、
それさえもからだをあまり使ってこなかった人にとっては、
かなりきつい動きであることも事実です。
初心者クラスでは、
そのプレリュードに取り組む手前のクラスになります。
まずは基本のウォームアップを丁寧にやり、
ストレッチや筋トレなどもむやみに形をまねるのではなく、
自分のからだを感じ、知りながら、
太陽礼拝が大体できるくらいを目指して、
やっていきたいと思います。
自分がどう動いているか、
何をしているのかに意識を向けながら、
少しずつ少しずつ、しなやかで強いものを、
それぞれの方の中に培っていければと願っています。
私はフェルデンクライスメソッドのプラクティショナーでもありますので、
その影響も少なからずある内容になると思います。
料金は月謝制で5,000円(4回分)です。
体験は1回1,500円ですが、そのままご継続されるのであれば、
その経費は月謝に含まれます。
詳細は実際にご参加したときにお伝えいたします。
この初心者クラスに限り、回数券制も取り入れます。
5回券:10,000円(3ヶ月有効)
1回:2,500円のドロップインもできます。
ただし、月謝制の方を基本的に優先します。
現在のところ、定員は7人で考えています。
持ち物は動きやすい服装と空っぽのお腹。
それからヨガマット。体験時にはお貸しできます。
またヨガマットの持ち歩きが困難な場合はお貸しします。
全くからだを動かすことをしていなかったけど、
ちょっと何かしないと~と思っている方は、
この機会にぜひご参加くださいね。
ご参加お待ちしております!
【上記のお申し込み・お問い合わせ】
件名を「ヨガの初心者クラス申込み」として右側にある「メールフォーム」より、お名前、お電話番号を明記の上ご送信ください(コメント欄は使わないで下さいね)。追ってこちらから詳細をご連絡いたします。
もしくはyagi☆le-move.com(☆の部分を@にご変更ください)宛にメールをお送りください。
メールを使われない場合は、090-8115-7252(9時~21時)にお電話ください。電話には出られない時間もありますので、メッセージを残していただければ、追ってこちらからご連絡いたします。

ザンダー先生のナタヨーガWSに関係して

ヨガ友達の札幌市在住の小幡ゆみこ先生が、
つい最近ザンダー先生の一番弟子のエマ先生のナタヨガのワークショップにご参加されました。
(at セルビア)
大変そうだけど、楽しそうです!
セルビアってどこっ?て感じですが、
ザンダー先生の故郷はこの辺りだそうです。
そのときの様子をブログにアップされています。
http://shadowyoga.sblo.jp/article/46416544.html
そしてナタヨガについても以下の記事に書かれています。
http://shadowyoga.sblo.jp/article/46492055.html
ぜひご覧ください。
11月18日~24日まで札幌市の小幡先生の瑜伽庵にて、
ザンダー先生の<ナタヨーガ&トラディショナルアーサナ ワークショップ>が開催されます。
またとない機会ですので、ご興味ある方はぜひ瑜伽庵さんにご連絡を!
既に詳細もアップされていますよ~。
http://www.shadowyoga.jp/event/2011WS/2011WS.html
私もナタヨガ好きです(出来る出来ないは別)。
昨年のワークショップもナタヨガがメインでした。
今年はどんなふうに展開されるのか楽しみです。
ナタヨーガは繊細な動きを扱っています。
シャドウヨガのプレリュードではそれよりも大きな動きを扱います。
お腹や下半身の強さ、
関節の柔軟性、
体の中心と四肢との連携、
などなど、
大きな動きを通して学ぶことができることはたくさんあります。
私達の体に対する意識は、正直かなり雑なものです。
イチローとかプロスポーツ選手になれば、
ずいぶん研ぎ澄まされていると思いますが、
一般ピーポーは使っていない分、
ほとんど磨かれていないのが現状です。
さび付いているので、
あまり繊細な動きに関して反応できない場合が多いです。
切れない包丁は最初は荒目の砥石で磨き、
段々と細かい砥石に変え、
最後にはピカピカになります。
ザンダー先生から、
ここ15年くらい日本で教えていただいた過程は、
そんなものに似ていると思うのです。
(まだ自分はピカピカじゃないですが・・・)
独り言エリア
(最初は先生自身も荒かった・・・)
(そっか、先生ご自身が砥石だったのか!)
(先生も今は角がとれました・・・)
ワークショップにご興味ある人は、
まだ時間がありますので、
可能であればシャドウヨガのクラスを受けることをオススメします。
シャドウヨガを知らなくても、
週末のコースは参加可能ですが、
ちょっとやっていた方がより面白いと思います。
※注
小幡先生はナタヨーガと書かれていますが、
私はヨガと書くことが多いのでナタヨガとしました。
yogaを日本語でどう記載するかの話なのですが、
とりあえず自分が使用しているほうを使いました。
特に他意はありません。
ほんとはNata Yogaで書いた方が楽って話。

ナタナガ・ザンダー(シャンドゥ・レミート)先生のインタビュー記事

ヨガ友達の瑜伽庵の小幡ゆみこ先生のツィッターにオススメ記事の紹介が載っていました。
瑜伽庵のホームページ
小幡先生がリツィートしたもので、内容はこちら↓
「Must read article if you practice Hatha Yoga! — Ganga (Natasha Rivera): Interview with Shandor Remete」(ハタヨガをやっているならこの記事を読まなければ!みたいな感じですね)
私達が習っているナタナガ・ザンダー(シャンドゥ・レミート)先生のインタビュー記事です。
2004年のロシアでのインタビューです。
リンク先はこちら→http://wildyogi.info/en/issue/ganga-natasha-rivera-interview-shandor-remete(英語っす)
私も読み始めたばかりです・・・。
瑜伽庵のホームページに今年のザンダー先生のワークショップのスケジュール等も掲載されています。
(写真はまだみたい)
http://shadowyoga.jp/2010WS.html(2010WSとなっているけど、内容は2011です)
今年は11月ですよ!