呼吸に聞いてみる

自分のからだの状態を客観的に認識できない場合は少なくありません。

私達は自分の普段の感覚が基本になっています。

例えば立位で足を腰幅くらいに開き、

左右の足に均等に立ってみてといった場合、

四つん這いで左右の膝に同じ重さが乗るようとしてといった場合、

自分が普段立っている足の方により乗った状態で中心を決めてしまう

ということが少なからず起こります。

 

こちらから指摘をすると驚き、

実際に私が力をかけてみると、

自分が最初にいた場所よりも安定感が増すことに驚いたりします。

 

骨がうまく立つ場所にいることは、

その状態での体験がほとんどないために、

最初は少し変な感じがすることもあるようです。

自分としては中心ではなくて、

より右に乗っていたり、左に乗っていたり感じます。

普段右に乗っている人は左にすごく乗っている気がします。

 

立位で骨盤を立てて、ほぼ骨で立つような位置に調整した場合は、

ほとんどの人が前かがみになっていると感じます。

けれども周りで見ている人は、そんなことには感じません。

より背が高くてすっきりした印象を持つ場合が多いのです。

 

ヨガクラスでやる場合は、ATMやFIの結果でそうなったのはないので、

本人はすぐに普段の姿勢に戻ってしまうことが多いのですが、

感覚だけでも感じてもらいたいのと、

どこから動くかで動きやすさが違うことを感じる機会になります。

自分の姿勢を客観的に感じることは難しいのですが、

動きやすさの違いは多くの人が感じます。

 

それからほとんどの人がわかるのが自分の呼吸の深さです。

小学生でもはっきりと違いを言います。

 

どう立っているかで呼吸は全然違います。

楽に立っているなら呼吸は自然に深くなります。

 

フェルデンクライスのレッスンでは、

息を止めていないか、呼吸は楽にしているかと

呼吸に注意を向ける指示をよくします。

 

自分の姿を見ることはできませんが、

普段の生活でも呼吸を目安にすることは

1つの方法だと思います。

 

5月のフェルデンクライスメソッド ATM(グループレッスン)スケジュール

フェルデンクライスメソッドのATMはグループレッスンです。 動きの指示を聞いて動くレッスンです。 見本はないので、自分で考えて動きます。 初心者とか上級者とか関係ない世界です。 どなたでもいつでもご参加できますので、 どうぞお気軽にご参加ください。

4月のATMスケジュールはこちらをご覧ください。
http://le-move.com/blog/feldenkrais-atm201704/

ATM(グループレッスン)】 ①と②のATMは1回からご参加できます。③は月会費になります。
下記会場名をクリックすると、その場所の地図が開きます。

①木曜日ATMクラス 県立がんセンター(新潟市中央区川岸町)

11日、18日、25日 19:10~20:25

②日曜日ATMクラス  木揚場教会(新潟市中央区礎町通)

14日、21日  10:00~11:15

③みんなでフェルデンクライス 五十嵐コミュニティハウス(新潟市西区上新栄町)

毎週木曜日 9:45~11:00


(時間はそれぞれ1時間前後とってありますが、1時間くらいで終わることもあります)

<レッスン料金>

①と②のATM参加費: 1回  2,000円 /4回券 6,000円 (①は2ヶ月間、②は3ヶ月間有効)

※4回券は基本的に始めた日を含め、そこから6回目までを期限としております。日曜日は月によって回数が変わるときがありますので多少変則になります。 ①の回数券はご購入された日から、その場所で6回目までが期限になりますが、その期間内で他の会場や時間帯でもご利用いただけます。④は有効期間が違いますので、他と一緒にはできませんが、他の曜日でもご使用になりたいときはご相談ください。

③の「みんなでフェルデンクライス」は月会費の会員のみになります。

参加者募集中!(いつからでもご入会できます)
月会費:4,000円
(※回数券はありません)
最初の1回は体験可能:体験1,000円

とってもお得!★体験用:お得なATM:2回+FI:1回券7,000円(1ヶ月間有効)
※ご購入は1回のみ

【上記のお申し込み・お問い合わせ】

お名前、ご住所、お電話番号、ご参加希望日および会場をご記入の上、件名を「ATM申込み」としてメニューの「メールフォーム」よりご送信ください(2回目以降の場合は、お名前と参加希望日だけで結構です)。追ってこちらから詳細をご連絡いたします。

もしくはyagi☆le-move.com(☆の部分を@にご変更ください)宛にメールをお送りください。 メールを使われない場合は、090-8115-7252(9時~21時)にお電話ください。電話には出られない時間もありますので、メッセージを残していただければ、追ってこちらからご連絡いたします。

ATMは定員になり次第締め切ります。 上記のクラスは予約制になっております。グループレッスンは前日のお昼までにお申し込みください。

持ち物(共通):体をあまり締めつけない服装(ジーンズ不可)、タオル、できれば靴下は5本指か足袋ソックス

膝や肘

腕を上げるときに、肘の存在が薄い人は少なくない気がします。

腕を上げると言っても、自分の状態や腕の上げ方もいろいろあるので、

ざっくりした印象です。

膝も歩行中はあまり意識されていない気がします。(痛い人は違うと思います)

 

ところが腕を伸ばすとか、脚を伸ばすといった場合には、

膝や肘周りの筋肉がとてもがんばる人は多い気がします。

膝や肘が上手に使えると、いろいろと楽になる場合が多い気がしています。

 

私は左膝を昔痛めているので、今でもその影響が残り、

脚の太さも違います。左ひざも時々痛みます。

元々膝周りのテンションがとても強く膝は過進展でした。

膝がやわらかく使えていれば、大学生のときに、

膝の怪我が悪化しなかったのではないかと思いますが、

そのときはそんなことはかけらも考えたことはありませんでした。

 

からだの使い方という概念が自分の中に生まれてきたのは、

やはりフェルデンクライスメソッドに出会ったからなのだと思います。

 

肩が楽になる

最近ヨガクラスが終わった後によく聞く気がします。

昔よりもよく聞く気がしています。

ここ数ヶ月、かなりしつこく生徒がどう四つん這いになるかに

取り組んでいます。

多くの人が腕や肩周りや背中に力が入っているので、

それをしないようなやり方をあーしたり、こーしたり探っています。

 

肩周りをよく動かすということではなく、

腕や肩、背中によけいな力を入れないことで、

肩甲骨も動きやすく、首も楽になります。

 

余計な力を入れたままで、肩周りを動かしても、

肩が楽になるということはあまりないと思います。

 

4月後半のフェルデンクライス FI(個人セッション)スケジュール

FIは、プラクティショナーが直接クライアントの体にタッチしながら行ないます。
ATMは言葉での問いかけになりますが、
FIはタッチを通して、直接問いかけることになります。
メニューにに簡単な説明がありますので、
ご参考にしてください。

4月17日から30日の期間中でFIが可能な時間枠です。
レッスンは大体1時間程度です。
レッスンご希望の方は、受けたい日時をお知らせ下さい。
30分程度の時間変更は可能なことが多いので、
お気軽にご相談下さい。

またもっと先のご予約を希望される場合も、
どうぞお問い合わせください。

またこちらからお伺いして、
出張でFIを行うこともできますので、
移動が不便な方や、
家を長時間あけることが難しい場合はご相談ください。
4月前半のスケジュールはこちらをご覧下さい。

http://le-move.com/blog/feldenkrais-fi201704-1/

【FIが可能な時間枠】

4月19日(水) 10:00~11:00、15:00~16:00、17:00~18:00、19:00~20:00
4月20日(木) 14:00~15:00
4月21日(金) 10:00~11:00
4月22日(土) 14:30~15:30、16:30~17:30
4月23日(日) 14:00~15:00
4月26日(水) 10:00~11:00、15:00~16:00、17:00~18:00、19:00~20:00
4月27日(木) 14:00~15:00、16:00~17:00、18:00~19:00
4月28日(金) 10:00~11:00

※上記の時間枠を30分程度ずらすことも可能ですので、
ご希望の時間があればお知らせください。

■ FIは完全予約制です。ご予約は2日前までにお願いいたします。
上記の日程で、ご希望の時間をお知らせください。

■ レッスン時間は1時間程度です。(初回は1時間半くらいかかる場合もあります)

■ 場所は新潟市中央区の関屋地区です。
徒歩の場合、バス利用だと関屋大川前バス停から徒歩3、4分、
越後線関屋駅から徒歩10分程度です。
お申し込みの際に、詳しい場所をお知らせいたします。

■ 男性の場合は、ご紹介および当方のレッスンを受けたことのある方に限り
受付させていただきます。

■ 出張も可能です。ご希望の場合はご相談ください。
遠方の場合は別途交通費をいただきます。

【FI料金】
1回 5,000円    5回券 20,000円(3ヶ月間有効)

おとくな体験チケット★ATM:2回&FI:1回券:7,000円(1ヶ月間有効:ATMは何曜日でも可)
※この体験チケットは、1回のみのご購入とさせていただきます。
ATMはどこの会場でご参加されても結構です。

【上記のお申し込み・お問い合わせ】
お名前、ご住所、お電話番号、ご参加希望日および会場をご記入の上、件名を「FI申し込み」としてメニューの「メールフォーム」よりご送信ください(2回目以降の場合は、お名前と参加希望日だけで結構です)。

もしくはyagi☆le-move.com(☆の部分を@にご変更ください)宛にメールをお送りください。

メールを使われない場合は、090-8115-7252(9時~21時)にお電話ください。電話には出られない時間もありますので、メッセージを残していただければ、追ってこちらからご連絡いたします。
お問い合わせ・お申し込みをいただいた後に、こちらから詳細をご連絡いたします。
記のクラスは予約制になっております。FIは2日前までにお申し込みください。

■必要なもの
フェイスタオル、体をあまり締めつけない服装、靴下

FIの面白いところ

先日のATMはKさんがお1人でした。

仰向きで片膝を立てて骨盤を転がすという動きをしているときに、

脚がうまく使えていない感じで、

足の位置はもっと良さそうなところがありそうだなあと思い見ていました。

それで足を立てることをこちらが手伝ってみました。

私が足を立てて、その位置でやってもらうと

さきほどよりも動きやすくなりました。

Kさんも脚を使いやすくなったと言いました。

 

だけどKさんは足の方向がずいぶん曲がっているように

感じたということです。実際は揃っていました。

普段の足の向きと少し変わっていたのです。

 

プラクティショナーが足を立てるときは足、膝、股関節、胴体などの

つながりをみつけながら立てています。

 

Kさんは自分でそこに足を立てることはないですと言われました。

私が足を立てた場所はKさんにとっては自分のイメージやアイデアにはない場所だったようです。

Kさん曰く、

自分が足を立てた場所が自分では一番よい位置だと思っているので、

そこからさらに探そうとは思いませんでした、

と話していました。

 

私が足を立てたことで、Kさんにとって足を立てるというイメージは

それまでとは少しは変わり、

アイデアが増えたと思います。

 

FIの力はこういうところにもあるのだと

Kさんのお話を聞いて思いました。

 

四つん這い、楽になりました

フェルデンクライスのレッスンでは四つん這いや四つ足になるレッスンがたくさんあります。

けれども、大人の大部分の人は普段の生活で四つん這いになることはほとんどありません。

 

 

赤ちゃんの頃はなんの問題もなくハイハイをしていてはずなのに、

大人になると四つん這いが楽ではない人は少なくありません。

腕がすぐ疲れてきたり、手首が痛くなったりするみたいです。

そういう場合は、腕や背中ががんばりすぎていたり、

体をうまく支えていない場合が多いように感じます。

 

四つん這いが楽でない人は以下の方法をお試しください。

(前の投稿の動画も参考になります)

骨で立つ感じで丁寧に膝立ちをします。

膝立ちで頭が背骨や骨盤、大腿骨で支えられいる状態です。

そこから背中や腕を柔らかいままで股関節を曲げて、

柔らかい手を床に置きます。

そして手の位置を整えます。

 

うまくできると四つん這いでも骨盤、背骨、頭がつながっています。

頭から骨盤のつながりがあれば、

腕は楽になっています。

 

今日のクラスで丁寧に四つん這いをしてもらったら、

手首が痛くなくなったとIさんが話していました。

(丁寧にやる前は手首が少し痛かったようです)

 

クラスではこのようなことを丁寧にやっています。

その人その人の動きの癖やパターンにも注意を向けています。

 

ヨガクラス、フェルデンクライスのレッスンとも生徒募集中です。

ご興味がある人は、ご遠慮なくお問い合わせください。

ヨガクラスのスケジュールはこちらをご覧ください。

ヨガクラススケジュール

自分の体をより丁寧に味わいたい方は

フェルデンクライスの個人セッション(FI)がおすすめです。

 

伸ばそうと思っているのに短くなっていませんか?

私達は動きの準備をいろいろやっています。

フェルデンクライスのレッスンはそのことをよりはっきり感じることができます。

フェルデンクライスのトレーニング中に動きの最初だけやりますという指示がよくありました。

今はその意味がよくわかります。

想像以上に私はいろいろやっています!!

 

ヨガのときも脚を伸ばせという指示に昔の私はとても力を入れていました。

伸ばそうと思って、力をいれて短くしているのです。

だけど当時の自分には、そのことを区別することはできませんでした。

なぜなら30数年間(当時)そのやり方しか知らなかったからです。

他のやり方があるということを想像さえしていなかったと思います。

 

動き始めようとしているときに、

息を止めていないか、

お腹を固めていないか、

肩があがっていないか、

首をかためていないか、

腰に力をいれていないか、

背中に力が入っていないか、

太ももはかたくなっていないか、

膝は何をしているか、

手に力をいれていないか、

あごに力がはいっていないか、

歯や舌はどうなっているか、

額に力がはいっていないか、

 

などなど注意してみると面白いと思います。

無意識でやっていることなので、

丁寧に観察しなければ認識することはできません。

 

これはからだが勝手にやっていることではなくて、

自分自身がやっていることです。

 

無意識に働きかけることは簡単ではありませんが、

動きのパターンが変われば、それは自分のものになります。

ストレッチみたいに止めれば元に戻るような種類のことではありません。

 

無駄な準備をやめることは

何をするにもとてもパワフルなことです。

 

 

4月前半のフェルデンクライスメソッド FI(個人セッション)スケジュール

FIは、プラクティショナーが直接クライアントの体にタッチしながら行ないます。
ATMは言葉での問いかけになりますが、
FIはタッチを通して、直接問いかけることになります。
メニューにに簡単な説明がありますので、
ご参考にしてください。

4月1日から16日の期間中でFIが可能な時間枠です。
レッスンは大体1時間程度です。
レッスンご希望の方は、受けたい日時をお知らせ下さい。
30分程度の時間変更は可能なことが多いので、
お気軽にご相談下さい。

またもっと先のご予約を希望される場合も、
どうぞお問い合わせください。

またこちらからお伺いして、
出張でFIを行うこともできますので、
移動が不便な方や、
家を長時間あけることが難しい場合はご相談ください。
3月後半のスケジュールはこちらをご覧下さい。

http://le-move.com/blog/feldenkrais-fi201703-2/

【FIが可能な時間枠】

4月1日(土) 14:30~15:30、16:30~17:30
4月5日(水) 10:00~11:00、15:00~16:00
4月6日(木) 14:00~15:00
4月7日(金) 10:00~11:00
4月8日(土) 14:30~15:30、16:30~17:30
4月9日(日) 14:00~15:00
4月12日(水) 10:00~11:00、15:00~16:00
4月13日(木) 14:00~15:00
4月14日(金) 10:00~11:00
4月15日(土) 14:30~15:30、16:30~17:30
※上記の時間枠を30分程度ずらすことも可能ですので、
ご希望の時間があればお知らせください。

■ FIは完全予約制です。ご予約は2日前までにお願いいたします。
上記の日程で、ご希望の時間をお知らせください。

■ レッスン時間は1時間程度です。(初回は1時間半くらいかかる場合もあります)

■ 場所は新潟市中央区の関屋地区です。
徒歩の場合、バス利用だと関屋大川前バス停から徒歩3、4分、
越後線関屋駅から徒歩10分程度です。
お申し込みの際に、詳しい場所をお知らせいたします。

■ 男性の場合は、ご紹介および当方のレッスンを受けたことのある方に限り
受付させていただきます。

■ 出張も可能です。ご希望の場合はご相談ください。
遠方の場合は別途交通費をいただきます。

【FI料金】
1回 5,000円    5回券 20,000円(3ヶ月間有効)

おとくな体験チケット★ATM:2回&FI:1回券:7,000円(1ヶ月間有効:ATMは何曜日でも可)
※この体験チケットは、1回のみのご購入とさせていただきます。
ATMはどこの会場でご参加されても結構です。

【上記のお申し込み・お問い合わせ】
お名前、ご住所、お電話番号、ご参加希望日および会場をご記入の上、件名を「FI申し込み」としてメニューの「メールフォーム」よりご送信ください(2回目以降の場合は、お名前と参加希望日だけで結構です)。

もしくはyagi☆le-move.com(☆の部分を@にご変更ください)宛にメールをお送りください。

メールを使われない場合は、090-8115-7252(9時~21時)にお電話ください。電話には出られない時間もありますので、メッセージを残していただければ、追ってこちらからご連絡いたします。
お問い合わせ・お申し込みをいただいた後に、こちらから詳細をご連絡いたします。
記のクラスは予約制になっております。FIは2日前までにお申し込みください。

■必要なもの
フェイスタオル、体をあまり締めつけない服装、靴下

手のひらは床に着くものだった

この前の投稿でいつもと違うやり方でダウンドッグをしてもらったことを書きました。

ざっくり言うと、腕の緊張が少ない状態からダウンドッグをしました。

そのときの生徒の手をみると、

床にぺったり着いています。

後で聞くと、床に吸いついているように感じたと言っていました。

別に床にちゃんと手をつけようとは思っていなかったはずです。

 

ダウンドッグをすると、手のひらの親指側が浮きやすくなる人は少なくありません。

腕や肩に余計な力が入っていなければ手はつきやすいし、

逆に手に力が入っていれば腕や肩も緊張します。

 

柔らかい腕は、床と関係がつくりいやすく、

楽でよりしっかりポーズができます。

腕が長くなる分、脚はより伸びる形になるので、

脚はそれまでよりもきつくなります。